皆さん、竹田市が推進する“救急あんしんポット”ってご存知ですか?
 万一の事態に備えて、一人暮らしの高齢者などを対象に、本人の医療情報や 家族の連絡先を記入する“救急情報シート”が入った容器が配られています。  冷蔵庫に保管して、緊急時での迅速な対応につなげるものだそうです。冷蔵庫の理由は、一家に1台はありそうなのと、災害時でも中身まではそう被害に遭わないだろうとのこと…。
 
そこで初めての“おせっかい”してみました。
先日、久住加藤医院を受診した患者さん曰く、「あんしんポットをもらったけど、何を入れていいかわからん…。」という声を聞いたもので、さっそく市議会議員の方にこの事を伝える“おせっかい”!
先日、久住加藤医院の院長が、
「シートの書き方やどんな情報を入れたら良いかアドバイスしてあげられると思うので、是非受付けにお越し下さい。また、皆さんも、周りに独居のお年寄りの方が居られたら声をかけてみて下さい。」と“おせっかい”!
救急あんしんポットに関する何でも“おせっかい”募集してます(笑

by s.o(FBより転載)

ansinpot